So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

自己破産の申立ては、債務の返済が不能になったという判定を与えられた際に借りた人が [自己破産 手続き]

自己破産の申立ては、債務の返済が不能になったという判定を与えられた際に借りた人が保持しているほとんど一切の財産(生活に最小限度必要なものは残しておくことを許されている)を手放してしまう引き換えにほぼ全部の未返済金などの債務が免除に出来るのです。

破産を実行した後、もらった給与や所有した財産を返済に使用する必要性、支払い強制力全くなく借金を持つ人の経済的更生を支援するために整えられた法的制度となります。

借金返済における問題を背負う人が多くのケースで負っている悩みで破産の申立てをしてしまうことへの漠然とした抵抗があるかもしれません。

自分の部署に噂が伝わりこれからの人生に良くない影響をこうむるのでは?というように思う方がなぜかたくさんいらっしゃいますが事実としては心配すべきような事実はないといえます。

破産の申立ては複数からの借入、自分の手に負えない額の借金で行き詰まっている人を社会的に更生させることを目的に国で整備した決まりです。

自己破産したものに関して以後の日常生活で不都合に思うような制限は極力ないように設定されている枠組みと言えるでしょう。

その一方で、自己破産申請をするには確実に満たさなくてはならない条件があるのです。

それは返済義務のある借金をどうやっても返済するのが不可能(返納能力喪失状態)だという司法的な裁定です。

借入金の大小、破産申告時の給金を考慮して希望者が支払い出来ない状態だというように裁判所に認定されたのであれば自己破産というものを実行できるのです。

例を挙げると自己破産希望者の借入金合計が100万円であることに対し月々の収入が10万円。

そういった場合は借金の返済がとても困難であり債務の返済ができない状態だと判定され自己破産というものを行うことが出来るようになるのです。

しかし職の有無といったことについては重視されることではなく、自己破産の手続きは継続的に汗水をたらしても返却が困難であるという状態の人が適用の対象になるという条件が存在しますので働く事が可能な状況である上に働くことが可能な状態であると見なされれば未返済金などの債務ののすべてが二〇〇万に満たないという状態であれば破産の申込が退けられてしまう可能性があるといわれます。

「借金減額シュミレーターを使ったらこがわ法律事務所というのが出てきました 評判は...」 より引用

借金減額シュミレーターを使ったらこがわ法律事務所というのが出てきました 評判はどうでしょうか?…(続きを読む)

引用元:Yahoo知恵袋 https://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/knowledge/search/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9kZXRhaWwuY2hpZWJ1a3Vyby55YWhvby5jby5qcC9xYS9xdWVzdGlvbl9kZXRhaWwvcTEyMTgxNDQ1Mjg3



nice!(1) 

民事再生は住宅のためのローンを含め複数ある債務に悩んでいる個人に対してマンション [自己破産 手続き]

民事再生は住宅のためのローンを含め複数ある債務に悩んでいる個人に対してマンションを手放すことなく金銭管理の面で再建するための公の機関を通した債務整理の選択肢として平成12年11月に利用できるようになった制度です。

民事再生は、破産申告とは違って免責不許可となる要件はないために、浪費などで借金をした場合でも可能ですし、破産申告をすると業務停止になってしまうような業種で仕事をされている方でも民事再生手続きは可能になります。

破産宣告では住宅を残しておくことは考えられませんし、特定調停と任意整理では圧縮した元金を戻していく必要がありますので、住宅のローンも払いつつ支払うのは難しいと思われます。

ただし、民事再生という手順を選択することができれば住宅のためのローンのほかの借入はけっこうなものをカットすることも可能ですので余裕をもって住宅ローン等を返済しながら他の負債を返済し続けるようなことができるということです。

ただし、民事再生という選択肢は任意整理による処理特定調停といった手続きと違い一定の借金だけを省いて手続きをすることは許されていませんし破産手続きにおいてのように元金自体がなくなってしまうのではありません。

また、そのほかの手続きと比べて手順がめんどうで期間もかかりますので住宅のローンが残っていて住んでいる家を維持したい状況等以外で破産手続きなどその他の整理ができない場合だけの手段とみなした方がいいでしょう。

「借金問題(任意整理、個人再生)等 正社員で勤めている29歳男です。 20前半よ...」 より引用

借金問題(任意整理、個人再生)等 正社員で勤めている29歳男です。 20前半より借金を重ね、700~800万の借金をしました。 26歳の時任意整理をし、現在も返済中です。 質問と は、まず任意整理から個人再生(借金の減額)に切り替えたいと考えています その際、家族(親)が自分名義の口座に預金をしているのではないかと思い、その場合任意整理に申し込むとその預金がどうなるのか知りたいです 家族には借…(続きを読む)

引用元:Yahoo知恵袋 https://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/knowledge/search/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9kZXRhaWwuY2hpZWJ1a3Vyby55YWhvby5jby5qcC9xYS9xdWVzdGlvbl9kZXRhaWwvcTEzMTc5Nzg3MTQz



nice!(0) 

特定調停というのも任意整理による手続きと同じく、それらの貸方に返済を続けていくこ [自己破産 手続き]

特定調停というのも任意整理による手続きと同じく、それらの貸方に返済を続けていくことを選ぶ借金を整理していく選択肢なのです。

わかりやすくいうと裁判所が関与する負債整理と考えればいいでしょう。

特定調停による方法も任意整理による解決と同じように破産宣告とは異なってある部分のみのお金だけを処理していくことができますので、連帯保証人がいる借入を別として整理をしていく際や住宅ローン以外だけを検討する場合などでも使用することが可能になりますし、資産を処分することが求められていないため有価証券個人資産を持っていて、放棄してしまいたくない状況でも活用可能な債務整理の方法となっています。

いっぽうで、手続きを取った後の返済に必要な額と手取り額を比較して、適度に返済が見通せる場合においては特定調停での手続きを進めるほうが良いといえますが破産申告とは異なって返済義務そのものがなくなるわけではありませんので、負債の額がだいぶある場合などは特定調停の方法を取るのは困難だといえるでしょう。

さらに、この方法だと裁判所という機関が中に入るので専門家に依頼しなくてもリスクが増えることはないことや解決のためのお金を節約できるという益は良いのですが貸し手の取り立てに対し自分で対処する必要がある点とか管轄の裁判所に幾度も顔を出すことが求められるなどといったデメリットもあります。

くわえて、任意整理による解決と比べてのことですが、調停が終わる段階で解決が得られないときには利子をすべて含めた形で渡していく必要があるという点や結果的にはそれら債務者へ払っていくお金が任意整理の場合と比較して高くなる傾向があるなどといったデメリットもあります。

「借金整理はどんな弁護士に相談するのがいいのかわかりません。 現在抱えている借金...」 より引用

借金整理はどんな弁護士に相談するのがいいのかわかりません。 現在抱えている借金を整理しようと真剣に考えています。 弁護士にお願いすることになると思うのですが、よくある借金整理の広告などに出ている弁護士事務所くらいしか知りません。 そういったところにまずは相談してみればいいでしょうか・・・…(続きを読む)

引用元:Yahoo知恵袋 https://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/knowledge/search/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9kZXRhaWwuY2hpZWJ1a3Vyby55YWhvby5jby5qcC9xYS9xdWVzdGlvbl9kZXRhaWwvcTEyMTU5Mzc5Nzky



nice!(1) 
前の3件 | -